クマシネぶろぐ

クマシネとは神に捧げるお米のこと

古代史

縄文時代考察④「中今」という呪術

おはようございます。 くましね薫です。 今回は縄文時代考察の4回目です。 kumashine369.hatenablog.com 以前からスピリチュアル業界では、 縄文時代=中今の思想 と言われています。 そこで説明されるのは、「中今」とは「今を認識すること」という思想です…

歴史から消された「女性祭祀王」と三島湟咋耳神

おはようございます。 くましね薫です。 前回、福島県南相馬市にある「三嶋神社」について記事を書きました。 kumashine369.hatenablog.com 三嶋神社(三嶋神社)は、愛媛県今治市にある「大三島」に鎮座する「大山祇(おおやまつみ)神社」を総本山にする神社で…

なぜ南相馬市には三嶋神社がふたつもあるのか?

こんにちは。くましね薫です。 私は、地元の福島県の古代史を解明し、その発表の場としてこのブログを開設しました。 kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hate…

徐福が正体の神様たち

こんにちは、くましね薫です。 前回は、物部氏の祖神である「経津主(ふつぬし)神」の正体が、秦から渡来してきた徐福であると解説しました。 kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com しかし、徐福をモデルにした神様は経津主神だけではあ…

経津主(ふつぬし)神の正体は徐福である

こんにちは、くましね薫です。 以前『千と千尋の神隠し』の考察で、「ハクとは人の姿に変えられた龍神である」と説明しました。その際、香取神宮や物部神社に祀られている「経津主(ふつぬし)神」も龍神である可能性があると考察しました。 kumashine369.hate…

なぜ古代の聖地に発電所がつくられるのか?そのヒントはアムウェイにあった!

前回まで、なぜか日本各地の古代の聖地に発電所がつくられていることを例として挙げていきました。 kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com kumashine369.hatenablog.com 今回は、それはなぜなのか考えていき…

物部氏と忌部氏の神様を奪った藤原氏

前回までは、豊国物部氏の蝦夷討伐までの流れを追っていました。 kumashine369.hatenablog.com その途中で、なぜか物部氏が、藤原氏の神社である鹿島神社を創建していることに気がつきました。 kumashine369.hatenablog.com なので話の流れから脱線しますが…