クマシネぶろぐ

クマシネとは神に捧げるお米のこと

縄文時代考察③すべては子孫繁栄のために

おはようございます。

くましね薫です。

 

今回は、縄文時代考察3回目です。

 

前回までのおさらいですが、縄文人の世界観は、「母親のお腹の中」にあります。

輪廻する魂が宿る場所である女性のお腹は神聖な場所で、その空間が、家→村→都→宇宙、と広がっていきます。

kumashine369.hatenablog.com

 

その魂の輪廻の化身として、縄文人蛇を神として崇(あが)めます

kumashine369.hatenablog.com

 

その思想の根底にあるのは、出産の危険性です。

医療技術が発達した現代でも、出産は女性の命を危険にさらします。

ましてや超古代では現代の比ではない危険度です。

そのため、女性に対する「神聖度」は現代よりもはるかに高かったはずです。

それと同時に新生児の死亡率も非常に高いものでした。

 

だから縄文の人々は、真剣になって神にお祈りするのです。

 

子どもが生まれることが当たり前ではない時代。

そんな縄文人は、「子孫繁栄」を重要な信仰のテーマにします。

 

以前記事にしましたが、出雲口伝によりますと古代日本の神は、父神「クナトノ大神」と母神「幸姫命」、そしてその息子の「サルタヒコ大神」を祀っていました。

これを「幸神(サイノカミ)信仰」と言い、子孫繁栄の神として人々に崇められました。

kumashine369.hatenablog.com

 

有名な「縄文のヴィーナス」といった土偶は、妊娠した女性をモデルにしています。

いっぽう男性はというと、縄文遺跡から男性器をかたどった「石棒」で信仰されます。

これらも子孫繁栄信仰のあらわれです。

ja.wikipedia.org

現在でも「性」を表現したお祭り「奇祭」が日本各地に存在しますが、これも子孫繁栄信仰によるものです。

現代の感覚だとどう接していいかわからないお祭りを、みうらじゅん“とんまな祭り”として「とんまつり」と名付け、一気に親しみやすいものになりました。

 

そしてその縄文時代の子孫繁栄信仰の名残が今でも残っているのが道祖神です。

道端や神社などにある男性器を模した石像です。

ja.wikipedia.org

私が住む相馬市にも無いか調べたら、ありました!

道祖神社。

maps.app.goo.gl

 

ご祭神は猿田彦命で、諏訪大明神が合祀されています。

 

ちなみに「サルタヒコ」は、インドの象神ガネーシャがモデルになっています。ガネーシャ“性の神様”でもあり、幸神信仰の対象になったのでしょう。

ただサルタヒコはもう一つ別の顔を持つ神様でもあります。それはまた後日考察していきます。

 

この道祖神は、長野県安曇野市では、違った形で表現されます。

松川村道祖神 | _建築・土木 | _建築・土木 | トリップアイデア | Go NAGANO 長野県公式観光サイト

 

www.city.azumino.nagano.jp

とてもかわいい石像です。

 

しかし、この子孫繁栄の神様は、物質文明が訪れるにつれ姿を変えていきます。

まず、クナトノ大神と幸姫命は物部氏秋上家によりイザナギ」「イザナミに変えられます。

そして古事記』『日本書紀では出産を汚れたものと表現され、死後のイザナミの姿は醜く描かれ、最後にイザナミ「地上の人間を一日1000人殺す」と呪いをかけます。

子孫繁栄の神様が、藤原氏の手により死神に変えられてしまいました

↓詳しくは君たちはどう生きるかの考察で説明しています。

kumashine369.hatenablog.com

 

女性社会だった縄文時代を封印するために、藤原氏は女性を汚らしいものと描き、男性中心社会にしてしまいました。

その成れの果てが、現在の日本の姿かもしれません。

史上最低の出生率を誇る現在の日本は、千三百年前にかけられたイザナミの呪いの成果なのかもしれません。

 

私たちは政府に対して「少子化問題をどうにかしろ」と怒りますが、結局は他人まかせなのです。どうにかしたいのであるならば、まずは古代の日本人がどういった考えを持っていたか学ぶべきです。

そのタイミングが、「今」なのかもしれません。

 

では、縄文時代考察はまだまだ続きます!

 

<参考文献>

 

 

<よく読まれる記事>

 

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

kumashine369.hatenablog.com

 

ありがとうございました。